カテゴリー別アーカイブ: blog

英語勉強法

英語を話せないのは、時代遅れ!?時代の波に乗るなら英会話アプリがベスト!!

最近、芸能人やスポーツ選手も簡単なインタビューなら通訳を通さずに話している人も多いですが、私の周りにも英語を話せる友達が何人かいるので、私はしゃべれないものの『英語』というもの自体、身近なものになってきているように思います!!

実際、小学校でも高学年からは英語の授業が必須科目になってきているし、私の子供も英会話教室に通っているくらいで、昔の程、英語が話せるので珍しいという特別視は無くなってきているのかもしれません・・・

逆に、最近では簡単な英語くらいは、しゃべれて当たり前の世界になってきているのかもしれません・・・そうなると、しゃべれない私などは完全な時代遅れ!?という取り残された感じすら襲ってくるくらいです(ToT)

それで、無理なく空いた時間に少しでも英会話を覚えてみようかと、本屋でテキストを見ていてもどのテキストがいいのかも解らないので、この間、携帯をイジっていた時に見つけた、無料の英会話アプリをダウンロードしてみたのですが、結構それがいい感じ!!

結構、ネイティブな英語で面白いです!!最近のアプリってスゴイですね!!
有料の英会話教材と比較しても遜色ないように思いましたよ。

こどもの英会話、週1回では勉強時間が足りない!?週2回にしたいのですが・・・。

こどもが英会話に通っているので、英会話の勉強法について書いてあるものを見つけるとついつい読んでしまうのですが、そこによく書いてあるのが、週1回のスクールでは会話時間が少ないという事・・・。

週1回では忘れてしまうらしいです(苦笑)。

こどもが通っている教室も、最初の1年目は週1回のコースだったのですが、2年目からは選択制で文法コースを週にもう1日増やせて週2回のコースに出来るようになっていました。

うちのこどもは、週に2回行くのはえらいと言うので週に1回のままにしましたが、同じクラスの子でも週2回にしている子も結構いるみたいでした。

ベストな勉強法というと、やっぱり週2~3回がいいみたいで、3回というとちょっと多い気がしますが2回くらいは行った方がいいのかもしれません・・・。

来年は、こどもが週2回行きたいな~っと自然に思えるようになるには、どうしたらいいのか今年1年の親の課題となりそうです(^-^;

マンツーマン英会話

英会話を習うなら、マンツーマンの方が聞きやすいのでいいかも!!

英会話の勉強って、その人の性格によりけりですがグループレッスンとマンツーマンとどちらがいいかと聞かれると、私の場合はマンツーマンかな~という感じです。

前に英会話を習っていたという経験もないので、グループレッスンで自分がしゃべれるのかも聞きたいことが質問できるのかということも疑問です(- -;)

マンツーマンのレッスンも講師の先生によるのかもしれませんが、親身になってくれる先生だと、生徒の得意苦手をちゃんと分析して、その弱点を補うための自分だけのオリジナル問題を作ってきてくれたりする先生もいるみたいで、スゴイな~と思いました!!

グループレッスンよりは、お値段も少しお高い目だけど、それだけ熱心にしてくれたら受ける側としては大満足!!ですよね~(^-^)

最初は、グループレッスンかマンツーマンかで悩んでいた時期もあったのですが、この話を聞いてからは、やっぱりマンツーマンがいいかな~と確信しました!!

初心者の人には、マンツーマンがお勧めな理由がよくわかりました(^-^)

子供の試験

子供の試験にお付き合い
子供が英会話を習い始めてもうすぐ一年。
なんか試験があるみたい。
そこで一緒に勉強をしました。実は私は英語は学生の時に全然勉強しなくて・・・英語から逃げていました。
そんな自分が嫌で子供には英語を嫌いになる前に、英語は楽しいと思わせたくて体験を受けたら子供が楽しいから英語をやりたいっていいだしやらせて・・・今では楽しく通っています。

それだけでもやらせてよかったと思っていました。
ついに試験が近づきました。
やはり一緒に勉強しなくっちゃと一緒に勉強していたら、逃げていたけどなんとなくは覚えていて、一緒に楽しく勉強することが出来ました。

もちろん発声はしていないので話せないけどね。
とりあえずヒアリングを重視に勉強中。

久しぶりに英語を聞き、this is と that’s って実は意味わかっていませんでした。
でも大人の英語教材ではなく子供の英会話教材なので絵で示してあるんですよね。

それを見て・・・違いに気づいて子供にも説明できました。
今まで習った英語より、小さい子ように作ったものはわかりやすくていいですね。

外国人講師

子どもの英会話に外国人講師が居るのと居ないのではやっぱり違う!?
子どもの習い事のことで、何がいいのか頭を悩ますお父さんお母さんは少なくないのでは!?っと思います。 実際、私もすごく悩んだので子どもと同い年の周りの子は、みんな習い事をしているのにうちの子だけ何もしていない・・・といった状態でした(- -;)

周りの子で多い習い事といえば、スイミング、ピアノ・・・ですが、私が習ってほしいな~っと思っていたのは〝英会話〝!!

最初、子どもはあまり興味がなかったみたいなのですが、近くにある英会話教室で私が知っている教室と言えば『くもん』か『ヤマハ英語教室』といった所で、家からも近いし『くもん』がいいかな~っと思っていたのですが、たまたま話を聞いた『ペッピーキッズクラブ』のネイティブ講師のことを聞いて、考え方が変わりました!!  

使っている教材などは、『くもん』も『ペッピーキッズ』も似た感じなのですが、『くもん』は国語や算数などあらゆる教科も勉強できるので塾に近いといった感じで、『ペッピーキッズ』は月に1回、外国人講師の授業もあってかなりネイティブな感じ!!  

体験の時に説明してもらった、おにいさんも日本人の方だったのですが、かなりの良い発音!!素人の私にも違いは歴然!!そんなこんなで、今は『ペッピーキッズ』に通っています(^-^)v

頭皮の薄毛を気にするあまりに疲れた表情に見えてしまう彼

疲れた印象に見えてしまう薄毛の彼氏は、いつも悲しそうな表情をします。それがますます、疲れた印象に見えてしまうのが気の毒なんです。彼はいつも私にそのことを言われて、「あっ、ほんとに?」と気が付きます。

それまでは、どうも彼は自分がそんな悲しい表情をしている事には気が付いていないのです。頭皮の薄毛を気にするあまり、彼氏はどうしてもそういった疲れた感じになってしまうんです。

本当に薄毛の彼は、楽しい表情をする回数も減りましたね。それがなんだか一緒にいて、凄くこちらも寂しくなるんです。

そこで彼は、食事を見直しました。薄毛改善に効果的という食事に切り替えたんです。インスタントが大好きだった彼氏でしたが、それを辞めました。そして、野菜中心の食事に切り替えたんです。

特に、食物繊維の豊富なセロリをたくさん食べるようにしました。そして、そこにヒジキからワカメを食べるようにもしたのでした。すると、少し髪が増え始めたんです。

やっぱり、食事なんだなと感じました。育毛剤(資料/チャップアップ 効果)で外から対策するだけでは不十分のようです。

美顔に脱毛エステ?美顔器?どちらがいい?

美顔にはフェイスエステよりも脱毛エステ!?
最近は、ナチュラルメイクが流行っていますが素肌がキレイじゃないとナチュラルメイクもキレイに仕上がらないですよね。
フェイシャルエステでお肌を整えようかしら。スキンケアをしっかりしようっと。

後は脱毛エステで顔の無駄毛をなくすことも大事ですよね。エピレっていうところを試してみようかなと思ってます^^;
エピレの会員になるのには入会金などもないようですし、初回お試しの価格だけだったら格安だから、ありですよね。

ただ、最近、藤田ニコルで話題の脱毛ラボとかもあり、脱毛サロン選びにはちょっと迷い中です。

参照サイト/熊本 脱毛サロン

他にも家庭用脱毛器だってあるからね。選択肢はたくさんあります。

更には、まとまったお得な顔脱毛に特化したメニューもあるみたいです。一昔前からすると、随分と安くなっている印象があります。顔の脱毛、おすすめですね。
ナチュラルメイクをするのにメイク道具も大切ですよね。おすすめのメイク道具があるのですが、資生堂からでているファンデーションブラシ。これはオススメです。

化粧品を買いに行った時に、そこの美容担当の人から教えてもらったのですが、使ってみたら驚くほど使いやすい。とりあえず、買ってみようという感じで買ったのですが買ってよかった。
今まで、スポンジしか使った事なかったので、ブラシなんて形状が全然違うし、ファンデーションが肌になじむのかなって心配していたのですが、フワッと薄く均一に塗れて感動しました。

気になる所は重ねづけしたりと厚くもできるし、顔の凹凸や毛穴にもブラシがフィットしてとにかく使いやすいです。

最近では、スポンジよりブラシ派になってしまいました。

視力回復のための望遠訓練

私は幼い頃から近視と乱視でした。小学校の頃は週一回、望遠訓練ということをやらされていました。

望遠訓練とは、遠くを20秒くらい見て、その後に手許を20秒くらい見るという訓練を繰り返し行って、目の疲れを取って視力を回復させるという訓練でした。

確かに目の疲れは取れてすっきりします。目の中の角膜を動かす筋肉のストレッチになるので、角膜の張りがなくなり目が安定するのです。

その訓練を続けることで視力が落ちることは免れました。目の疲労を取るためには大変有効な訓練だったのです。

大人になった今でもパソコンなどを使うのでやはり目は疲れます。それで時々、望遠訓練をして目の疲れを休めています。

今のところ近視も乱視もそれほど進んでいません。やはり望遠訓練の賜物なんですね。

望遠訓練のやり方は、できるだけ屋外の、例えば大きな木や山の山頂とか、携帯電話の電波塔なんかを20秒くらい見つめて、その後に手許の指を20秒くらい見つめて、それを1セットで5回くらい繰り返すのです。

目の中の筋肉がほぐれて、角膜の疲れが取れます。それによって目への負担が減り、近視や乱視の進行が抑えられる働きがあります。

望遠訓練をマメにやることで、目の若さを保ちいつまでも健康な視力を保つことが可能です。